ふと気づいたこと

いや、サイト構築中に、今まで参加させてもらった同人誌とかの情報を掲載していたんですが…
ギリメカラ党とか書いてるけど、OIL名義で参加してるのって全部極上生○会本じゃん!
ドーシヨウ

まぁ…なんとかなるなる?
スポンサーサイト

THEME : OH(゜∀゜)
GENRE : 日記

 

無知は怖い

いや、自分のことなんですけどね?
お陰で友人の手を煩わせながら、なんとかサイトのトップ→メイン→ブログという流れを完成させることができました。
リンクに本サイトへ、というスイッチを追加しましたので、是非のぞいてやってください。
まだ何もありませんが(苦笑)

THEME : (´Д`;)
GENRE : 日記

 

FC2トラックバックテーマ 第535回「クレーンゲームで取ったことのあるもの!」


FC2トラックバックテーマ 第535回「クレーンゲームで取ったことのあるもの!」



さて、こんなテーマがあったので乗ってみましたよ。
いやぁ、結構色々取りました。トロやドラえもん、犬福のクッション。トロの大きな人形や昔はセーラームーンやマリオカートのスリッパ…
その大半は今、ほこりをかぶって私の机の上に置かれてますがねぇ

そうそう、あれもクレーンゲームの一種だと思うんですが、一番はまっていたのが駄菓子タワークラッシュ
高校生だった頃に巣鴨のキャロットでアホみたいにチャレンジしました
どう考えても割りにはあわないんですが、アレが崩れる瞬間が最高なんですよねぇ。こう、グラグラ、ガラガラガラガラ…と行くのがたまらない

後これは完全にそういうタイプじゃないですが、凄い古臭いチキンレースマシーンから出てくる景品のAV目当てに友人と血眼になってやったのもいい思い出です

あー、やだやだ(苦笑)
 

ひそかに

サイト
本サイトの構築をはじめてみました。
といっても知識が本当に何もないので、全然わからNEEEEEEEEEEEEE!
うーん、努力と根性と発想力!

THEME : 頑張れ自分。
GENRE : 日記

 

芥川賞

を、中国籍の方が受賞されたようですね。
実は去年の川上未映子さんの『乳と卵』は読んでないんですよね。そのひとつ前、諏訪哲史さんの『アサッテの人』は読んだんですが。
これは間違いなく偏見や食わず嫌いの一種なんですが、つい題名でピンとこなかったのは読まないんですよ。言い訳をすれば、題名の付け方も文章センスのひとつだとは思いますし。

で、今回の楊逸さんのは『時が滲む朝』。題名はここ数年の中で一番好みだったりします。ちょっとナルシーっぽいのが良いですよね。いや、中身全然知らんので文体までナルシーなのかは知りませんが。
文藝春秋に掲載されるにはしばらくかかるでしょうし、すぐ買ってみようかしら。
でもあっちだと選者の評とかも一緒に見れるのが良いんですよね。
 

馬鹿馬鹿しいこと

常用漢字改訂、「俺」で大モメ
繰り返しになりますが、馬鹿馬鹿しいですよね。
男性の中で、俺という一人称を一度も使ったことがない人がいるんでしょうか?
普段僕や私といった一人称を用いている人であっても、です。
特に常用漢字に教育上の影響を受けやすい子供にとって、最も身近な一人称のひとつが俺、という単語でしょう。

かな書きで済むから入れないとされた、「叩」「濡」「覗」といった漢字もどうなんですかねぇ。なんというかですね、そもそもこんなこと国が決めることなんですかね。
そりゃ無駄に凝った漢字ばかり用いていれば良いというわけではないですがね。

本当に馬鹿馬鹿しい。

THEME : ( ´△`)
GENRE : 日記

 

Adobe Dreamweaverを

買ってみたのですよ。どうしても必要になりまして。
で、ふと思ったんですが、これってこのサイトにも使えるんじゃね?と。
ブログ以外にメインの部分を作って…とか面倒そうなことを思いついたので、近いうちにチャレンジしてみようかと。

いや、まったくの未経験で知識も無いので、どうなるか分からないですがねぇ~
 

ええとですね

ヒトラーのろう人形展示、反対派が首もぎ取る騒ぎ
ヒトラーの個々の事跡についてとやかく論述するつもりはありません。
彼は史上まれに見る天才のひとりであり、その力と才覚をあの歪んだ時代に存分に発揮し、功罪を無数に残した人物だ、とだけは言えるでしょうが。

未だにドイツの観光スポットのひとつにミュンヘン党大会会場があるのも、その一端を示しているといえるでしょう。
彼をどう評価するかというのは否定にせよ肯定にせよ千差万別となることでしょうし、個々のヒトラー論はこの場合意味をなしません。
ただ言えることは、人類、特に知識人はかれと向き合わねばならないということです。現在我々が抱えている問題に近いものは、第二次大戦直前にもありました。彼はそれらに対して極端な答えを出し、それこそが自らの使命であると恍惚としていた。
彼は自らの宮殿を国中に作ることもせず、ハーレムを持とうともしなかった。それは使命に酔い、自らこそが世界人類を救いうるメシアだと錯覚していたから。
その論理へと至る道程に対する考察と批判こそ、今の現代を生きる我々にとって重要だと私は考えています。

生存圏という言葉は、近い未来に必ずや再び台頭してくることでしょう。
それを忘れてはいけない、そのためにはヒトラーと向きあわねばならない。私は、そう考えています。
 

絶望の味

実は今、自分の会社の決算期なんですよ。
でもってウチは人数が殆どいないトコで、しかも設立一年目。お金に関しては殆ど私が扱ってたんですが、ひぃぃぃぃぃ。
結構やることが多いぃぃぃぃぃぃぃ。
でもそれ以外でも結構忙しいぃぃぃぃぃぃ。

さー困った(苦笑)

まぁひとつずつ片付けていくしかないんでしょうがね~

そんなときに相応しいパスタがこれ。絶望というご大層な名前なのです。いやまぁ絶望するような状況では全然ないんですけどね?自分は。
絶望

なんでこのパスタが絶望かっていうと、具材の種類が多くてコックが絶望するかららしい。
そのネーミングセンス良いですよねぇ。
そして味も中々なんですよ?

THEME : (´Д`;)
GENRE : 日記

 

夏になったので

扇子

扇子を新調してみました。
単純に黒いのというのはどうかな、とも思ったんですが、むしろこういうのもいいかな、と。
今年はなくさないようにしよう…
私、傘とか扇子とか良くなくすんですよねぇ。

皆さんは小物系をよくなくしたりする方でしょうか、それとも逆なんでしょうか。

THEME : 今日のつぶやき
GENRE : 日記

 
プロフィール

OIL総裁

Author:OIL総裁
怠け者文章書きの、助平野郎です。宗教歴史哲学なんてものを雑食しながら生きてます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
総党員数
本サイトへの入り口+個人的巡回ルート
物理反射な検索スペース
カスタム検索
PRスペース
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
欲張りスペース